筋肉痛がツライ!こんな時筋トレしてもいいの?

1ba2e9324810442bf3bcfccde9496d74_s.jpg


-はじめに
 皆さん、運動後に筋肉痛になり次の日動きたくない気持ちになること多々ありますよね。今回は筋肉痛について詳しくお伝えしていきたいと思います。


■ まずは筋肉痛の原因を知ろう


筋肉痛は、筋肉を激しく動かした際に「筋繊維」が傷つき、それを修復する時に炎症が起こることで痛みを引き起こしているものと言われています。
この「筋繊維」とは、筋肉そのものではなく、筋肉や筋組織を構成している非常に細い多数の細胞のことです。筋肉痛は今まで、疲労により蓄積される乳酸が原因だとする説が有力でした。
しかし、血液中の乳酸の量は運動後ずっと残っているわけではなくすぐに低下してしまうことがわかり、世間に知られている筋肉痛を引き起こす原因にはならない可能性が出てきたのです。
そこで、先ほど登場した「筋繊維」の損傷を回復する際の炎症が原因なのではないか、という説が台頭してきました。この筋繊維が傷つきやすいのは、筋肉を縮ませる動きよりも伸ばす動きです。
スクワットやダンベル運動などの動きで筋肉を伸ばす時に、筋繊維に大きな負荷がかかり傷がつくのです。これを治そうとすると炎症によりセロトニンなどの「痛み物質」が発生し、筋繊維を包む筋膜にその痛み物質が刺激を与えることで筋肉痛になるとされています。
また、脱水により血液の循環が悪くなり、酸素不足や周囲の細胞から発生する代謝産物による刺激が起こることも原因になるといいます。


■ 筋肉痛がこない!筋トレした意味はあったの?


筋肉痛にならない人の原因は、実はとても身体にいい事をしているからなのです。
1つは水分補給が適切に行えているから。筋肉痛と水分補給は一見関係ないように見えますが、実はとても重要。
汗で水分を失うと血液の濃度が上がり、簡単に言うとドロドロになります。
血液がドロドロになると当然循環がスムーズにいかなくなり、筋肉を修復するための栄養や酸素が十分に届かなくなりますので、筋肉痛が発生しやすくて回復しにくい体内環境となってしまうのです。


筋肉痛にならない人は運動前、運動中も水分補給をしっかり行って身体のケアを行っていると考えて良いでしょう。
2つ目は普段から運動しているからです。普段から運動をしていると筋肉痛にならないというのは最もわかりやすい話です。
筋肉痛は運動で損傷した筋繊維が修復の際に起こる炎症ですが、その修復が完了する際に以前より筋繊維は強く太くなり、これを超回復と呼びます。
普段から運動をしていると当然筋肉は成長しますので、同じ強度で鍛えても筋肉痛にならない身体になります。
だから、普段から運動している人は、運動していない人に比べて筋肉痛にならないのです。
3つ目は運動前後のケアがしっかり出来ているからです。


■ 筋肉痛の回復を早める方法


1つ目は栄養補給です。タンパク質の摂取。大前提はバランスの良い食事です。タンパク質が不足する場合はプロテインを飲むのも良いでしょう。


2つ目は質の高い睡眠です。筋肉痛を感じているときは筋肉の修復・回復が行われています。主に寝ている間に行われ、寝ているときが日中起きて活動している時より回復率が高いとされており、寝ている間に多くの成長ホルモンが分泌されるからです。


3つ目は筋膜リリースです。


■ 筋肉痛の時の筋トレ


筋肉痛の時は筋肉痛になった時以上の運動をすることで回復もしますし、筋トレも気にならずできると考えられます。


--終わりに
運動を始めてみたけど筋肉痛に苦しめられ運動を続けられなかった方、どうでしたか?皆さんも以上のことを試して素敵なカラダを作っていきましょう!ダイエットはこれからです!